脱毛コラム

アンダーヘアの脱毛方法でフラッシュ脱毛は痛みが少ない

アンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
脱毛サロンでアンダーヘアの脱毛をしてもらうとすれば、レーザー脱毛が主流になりますが、それ以外にも実は方法が選べることもあります。

その1つがフラッシュ脱毛で、この方法でアンダーヘアの脱毛をすることもできるのです。

フラッシュ脱毛の特徴としては、レーザー脱毛よりは痛みが少ないということです。

痛みが少ないというか、ほとんどないと言えるのではないか?と思います。

痛みの感じ方はひとそれぞれではありますけど、アンダーヘアの脱毛をするときには確実にレーザー脱毛よりは痛みを感じづらいと言えます。

脱毛サロンで脱毛するのがおすすめ

フラッシュ脱毛は脱毛サロンでやってもらうときに痛みに対して恐怖心があるという人にとっては、かなりおすすめの方法になります。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりもややマイナーなので、そもそもそんな方法を知らないという人もいるかもしれませんけど、知っておくとお得と言えます。

痛みに関して言えば、間違いなく軽減されると思うので、施術中に痛みを感じづらいというのもありますけど、事前に感じる恐怖心のようなものも和らぐと思います。

アンダーヘアの脱毛をするときに脱毛サロンを選ぶならばフラッシュ脱毛という選択肢は絶対に頭の中に入れておいた方が良いと思いますし、痛みが怖い人にとってはかなりおすすめと言えるので選んでみると良いかもしれないのです。

埋没毛ができる原因と対処方法について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
毛が肌の表面に出ずに、皮膚の中に潜り込んでいる状態である埋没毛は、主に無駄毛の自己処理が原因となります。

なぜなら、自己処理によって肌に余計な刺激を与えたり肌を傷つける恐れが高いからです。

そのため、自己処理に失敗すると毛穴を傷つけるだけでなく、肌の表面をかさぶたや角質が覆う形になります。

その影響により、無駄毛が毛穴から出れないので、毛があらぬ方向に伸びることになります。

特に、埋没毛は剃刀によって深剃りすると肌の表面を削ることになるので、埋没毛ができる原因に繋がります。

その上、深剃りによって埋没毛が悪化するだけでなく同じ部分を剃ることで肌のトラブルに発展しやすくなります。

剃る前に保湿クリームやローションを塗ることが重要

剃刀による自己処理で埋没毛を防ぐには、剃る前に保湿クリームやローションを塗って毛を柔らかくするのが大切です。

さらに、肌を保湿することで肌が乾燥した状態ではなくなる上に、毛が柔らかくなることで肌に掛ける負担を減らすことができます。

そして、剃った後も肌を保湿することで肌のトラブルに追われずに自己処理を施すことが可能となります。

ただし、埋没毛を処理する場合は剃刀では埋没毛の原因を取り除くことができないので、電動シェーバーを活用するのがポイントとなります。

電動シェーバーは、剃刀より肌に与える負担や刺激を減らすことができるので、埋没毛を安全に剃ることができます。

とはいえ、電動シェーバーを活用する場合でも剃る前と剃った後に肌の保湿を怠らないのが重要となります。

脇の脱毛でワキガ改善効果が期待できる

脱毛でワキガは改善する?

ワキガが気になる女性
脱毛するとワキガを改善することが出来ます。その理由としてはワキガの原因はアポクリン線から分泌される液により皮膚に存在する常在菌が分解されることで臭いは発生します。ですがアポクリン線が脱毛の施術の際の熱により破壊されるので分泌液が出なくなりワキガの匂いが緩和されると言われています。
さらに基本的に菌は高温多湿の状態で繁殖し臭いを発生します。だから脇毛を脱毛することにより蒸れにくくなるので雑菌の繁殖を抑えることが出来るのでワキガの改善を目指せます。また脇毛があるとそこに臭いが溜ってしまう傾向があり、脇に臭い物質が付着して洗ってもなかなか落とすことが出来ず清潔な状態を維持することが難しいと言えます。ですが脇毛を脱毛することにより臭いが溜る場所がなくなりますし、さらには体を洗う際に汚れや雑菌といった臭いの原因を洗い流すことが出来るので臭いは改善されます。

ワキガに対して一定の効果がある

脱毛をすることでムダ毛をなくしワキガに対しても一定の効果があると言うことが出来ます。ですが脇毛がなくなるだけでワキガが必ずしも治るわけではないのです。ワキガの原因をいくつか減らすことが出来るのでワキガに対して効果が期待できると言えますが、あるクリニックの調査では脇のレーザー脱毛をした人の20%がワキガが改善、40%の人がワキガが軽減といった結果が出ました。つまり60%の人が何かしら効果があったと回答していますが、残り40%の人は改善出来なかったということになります。

産後のムダ毛処理は肌に優しい方法で

産後にムダ毛処理をするには

産後の女性
妊娠出産で女性の体は大きく変化します。

ホルモンバランスが崩れますから、妊娠出産でムダ毛が濃くなってしまう方もたくさんいます。

ホルモンバランスはゆっくりと元に戻っていきますから、それにつれて濃くなったムダ毛も徐々に薄くなっていきます。

産後のママは赤ちゃんの世話で大忙しでしょうが、やはり女性としてはムダ毛も気になるものです。

しかし、まずは出産で弱っている体の回復を最優先に考えて、体が落ち着いてからムダ毛処理を始めましょう。

サロンの注意や指示にしっかり従うこと

産後半年から1年くらいかけてホルモンバランスは徐々に元に戻っていきますから、その期間は肌も敏感になっています。

特に出産直後は肌も傷つきやすく敏感ですから、できるだけムダ毛処理は避けるのが無難です。
体が落ち着いてきたら肌を傷つけない方法でムダ毛処理をしましょう。

カミソリや毛抜き、除毛クリームなどは敏感な肌に刺激が強すぎますから、肌をいたわりながら処理できる電気シェーバーがおすすめです。

脱毛サロンなどに通う場合は、そのサロンの注意や指示に従いましょう。

授乳中はほとんどのサロンが脱毛不可ですから、卒乳してから通うのがおすすめです。

サロンによっては産後2、3回の生理が来たらOKとしているサロンもありますし、産後の脱毛の対応はサロンによって違います。

事前に確認してみて自分の体調をみながら、暇を見つけて通うのが良いでしょう。

その場の雰囲気に決して流されない様にしましょう。

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでの勧誘の上手な断り方は、自分でここまでの脱毛レベルを希望しているけれど、それ以上は望まない、予算もこれくらいしかないと言う事を明確にし、

初めのカウセリング等で、しっかりスタッフさんに伝えておけば良いと思います。

自分の希望している施術レベルで、満足が行かなかった場合は、施術回数の追加をすれば良いだけの事だと思います。

また、自分が通いたい脱毛サロンが、ネットの口コミ等で、過度の勧誘が当たり前に行われていないか、事前に調べておく事も重要です。

お店に行ってから、こんなはずでは無かったと言う事態をなるべく避ける為です。

相談できる場所に連絡

もし、しつこい勧誘、美容商品の紹介等のトークが始まれば、興味が無い素振りをすると、スタッフさんはあまり突っ込んで来ないかとも思います。

どうしてもその場で断れない雰囲気になったとしたら、「周りに相談してみます。」「一度、帰宅して考えます。」などと伝えて、ワンクッション置きましょう。

決して、その場で絶対契約しなければならないと言う事は無いのですから。

その場の雰囲気に流されないと言う事がとても大事です。

断れなくて、高額な美容商品、高額コースの契約を結んでしまい後悔している場合は、クリーリングオフが適用されると思うので、諦めないで、調べて、相談できる場所に連絡をしてみて下さい。